フラット35の金利をシュミレーションしてみると?

フラット35では、現在の金利でシュミレーションを行った場合、月々の返済額をそのままで長期にわたっての返済が出来ることがわかります。
期間を短縮するほどに、利息分の支払いが圧縮されてお得感が出るのでが、どなたでも住宅が取得しやすくするといった政策の方向性からも、月々の支払いを引き下げることが出来るローンを国が応援している状況だと言えるでしょう。
それに、長期返済であっても、月々の返済額を安定して低く抑えることが出来れば、借りやすく返済も安心感があります。
人生何があるかわかりませんから、いざと言うときにも補足長く支払いが続けられるローンというのは心強いものです。
返済額を低く設定して、余裕のあるときには貯蓄に回して、繰り上げ返済すると利息分の節約をすることが出来ます。